2018.9.6北海道胆振東部地震を振り返る

スポンサーリンク
お話

時間が経つのは早いもんで北海道胆振東部地震から二年が経ちました。

あの時は夜中に地震がおきました。

僕は自宅で眠っていましたが妻に「地震の停電で外真っ暗なんだけど!」と起こされました。

夜中なんだから暗いのは当たり前、何を夜中に寝ぼけたことを…と寝ぼけておりました

確かに自宅は停電、外も周辺は停電。

すると会社、上司、からTEL。

会社が停電とのこと。

管理職をしているので会社の状況を把握しに行かなければなりません。

道中、コンビニもスタンドもも外灯も国道1本の信号機以外すべて停電していました。

事の重大さに気づき始める。

周辺地域震度4

人生初めての経験です。

会社に到着し、とりあえず、棚からの落下物や、けが人などはなく停電のみ。

しかし勤務先は介護施設なので洗濯機・冷蔵庫・IHコンロなど電気は必須。

場合によっては在宅酸素や腹膜透析の機械・エアマットがあるときもあるのでそれが使えないとヤバかったですが、その時は使ってるの方が居なかったのは不幸中の幸い。

災害用として用意していたカセットコンロを準備し、お湯を沸かし、魔法瓶に入れ清拭用に。

洗濯は手洗い。

その頃にはうっすら明るくなってきました。

冬だったらと考えるとぞっとしましたね(ストーブ)

あっという間に日勤帯の出勤時間となり続々と職員が出勤。

僕は今日、夜勤ということもあって上司、同僚にその場を任せ一旦帰宅。

発電機などの調達も社長がいち早くしてくれていたので、日中~夜間はほぼ不自由なく仕事ができました。

地震時、スマホの充電をせずに眠ってしまっていたので充電があまりないのでそれが困りました。

自宅に帰っても停電なのでテレビでの情報収集もできない・ラジオもキャンプ時はスマホのアプリ(radiko)で聞いていましたが今はスマホの充電がないので最低限の使用にとどめました。

アウトドア以外でもモバイルバッテリーやポータブルラジオは必要だとその時思いました

ポータブル電源

備えあれば憂いなし 公式サイトはこちらから

モバイルバッテリー

ポータブルラジオ

我が家はポータブルバッテリーを自分の通勤用のカバンに一台と、自宅のサブ用として1台、自宅用のメインとしてポータブル電源を準備してあります。

ポータブル電源は車のシガーからでも充電可能なのはいい!

家族はとりあえず一足先に復旧した実家に避難しました。

会社周辺も思ったよりも早く夜勤の夜には復旧したので良かったです。

災害がおきてもキャンプスキルやキャンプ道具があるからまあ大丈夫と思ってましたが、いざとなると不便で仕方ありませんでした。

準備しないと準備しないとと思ってた当時の気持ち今はどうなってますか?            準備できてますか?

FIELD SAW お小遣い制 にぎやか のんびりできる まとめ インスタ映え オホーツク オロロンライン キャンプ キャンプ人気 キャンプ場レポ キャンプ用品 スキレット ソロキャン チェックイン交渉 チャムス ツーリング ファミキャン ファミリーキャンプ 人気キャンプ場 初山別村 初心者 北海道 国道40号線 夕日 天塩川温泉 天塩町 幌加内 星空 晴天 最北 沼シリーズ 温泉至近 焚火不可 焚火台可 眺めよし 穴場 管理棟のおじさんありがとう 美味しいコーヒー 豊富町 道北 道北地方 野営場 音威子府村

コメント

タイトルとURLをコピーしました