【景品表示法に基づく表記】
当ブログサイトのコンテツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

ふうれん望湖台森林公園オートキャンプ場

上川

おばんでーす、マンマ(@manma1020)です

今回ご紹介するのは名寄市の『ふうれん望湖台森林公園オートキャンプ場』です。

オートキャンプ場と言っても今回はフリーサイトを利用しましたのでフリーサイトの様子のレポートとなります。

\この記事を書いた人/
北海道内で一年中キャンプをしています
北海道の100か所以上のキャンプ場を利用している僕が、桜のキレイなキャンプ場や子供が楽しめるキャンプ場・冬キャンプのできる所などを実際に利用してレポートしています。
またキャンプ道具レビューや冬キャンプをしないとわからないことや冬キャンプの仕方・ノウハウをこれから冬キャンプを始める方に向けて発信しています。

旭川市のタウン情報サイト『asatan』でライターとしても活動中です。

詳しいプロフィールはこちら

マンマをフォローしてね☆
ソロキャンプランキング
ソロキャンプランキング
スポンサーリンク

ふうれん望湖台森林公園オートキャンプ場(フリーサイト) 総括

忙しい人の為に先に結論

ふうれん望湖台森林公園オートキャンプ場は…

✅フリーサイトとオートサイトがある

✅フリーサイトはオートサイトのある場所よりも少し先に行った場所にあります。

✅以前、管理棟はオートサイトにあったが、現在はフリーサイトの所にある風扇館にあります

✅公園内に熊の痕跡があったためキャンプ場を囲むように熊用の電気柵を設置した

✅フリーサイトは林間サイトと貯水池の見える林間サイトに分けられる。

✅利用した日は常に風が強かった(翌朝落ち着いてた)

✅トイレはキレイだが洋式のドアはカーテン(福祉トイレ)だった。

✅買い出し・入浴施設は付近にはない

マンマ的独断と偏見通信簿(フリーサイト)
利用料金
高い
1500円以上
550円
無料
サイト
傾斜
平坦時々傾斜
平坦
景観
住宅街
森林

貯水池
自然あふれる
トイレ
臭う
キレイ
だけど
洋式の戸が
カーテン
キレイ
温泉まで
車で約20分
徒歩圏内
買い出し
車で約20分
15分
前後
徒歩圏内
荷運び
リアカー<br>なし
リアカーないけど距離短い
車横付け可
遊具類
なし
沢山ある
マンマ
マンマ

事前に買い出しを済ませて、お風呂は明日に我慢して、サイトをしっかり選べば
とても静かなキャンプができます。

スポンサーリンク

ふうれん望湖台森林公園オートキャンプ場 概要

〒  :098-0513 北海道名寄市風連町池の上165
tel :01655-3-2755

利用時間キャンプサイト
チェックイン/11時~、アウト/翌10時
コテージ
チェックイン/15時~、アウト/翌10時
料金フリーサイト1張550円
オートサイト1区画2,200円
2階建てコテージ1棟14,300円
焚火は焚火台使用し芝を傷めないようスパッターシートなどで養生すればOK

位置・スーパーや温泉など

名寄市の南東方面で、忠烈布貯水池に面しています。
士別剣淵ICで降りてあとはひたすら田舎道を進みます

一番近いスーパーマックスバリュー名寄店
一番近い温泉 日向温泉
マンマ
マンマ

買い出しは事前に旭川市や士別市、名寄市で、温泉は遠いので翌日に予定すると良いでしょう

ゲートはくぐらない

キャンプ場付近に来ると一番最初に見るのはこのゲート
しかし向かうのはゲートの方ではなく右側です。

忠烈布貯水池を右にみながら少し進みます

オートサイト

先ほどの分かれ道を右に少し進むと最初に見えてくるのはオートサイトです。

マンマ
マンマ

以前はここにキャンプ場の管理棟がありましたが、
この先の風扇館に移動しました。

林で忠烈布貯水池がはっきり見えませんがこんなチラリズムも良いですね

各サイトによっては遮るものがあまりないので晴れたら昼間は直射日光が暑そうです。

三角屋根が炊事場で、そのすぐ近くにトイレもあります。

オートサイトは今回利用しなかったのですが、ツールームテントは余裕で張れそうですね。

受付

オートサイト・フリーサイト共にこちらで受付を行います
オートサイトを通り過ぎた後に見えてくる建物が管理棟です

キャンプ場受付『風扇館』

風扇館には薪の他、ドリップパックのコーヒーも売っていました。

フリーサイトの利用者はここの駐車場か少し手前にあるちょっとした駐車場に停めれます

フリーサイトのトイレ

風扇館の隣りにあります

トイレは広くキレイでした。

和式洋式が1個ずつで洋式は身障者用トイレだったので扉がカーテンでした

マンマ
マンマ

以前はトイレの前にヒグマ対策でラジオが爆音で流れていたようですが、現在は電気柵が設置され爆音ラジオはありませんでした。

トイレと風扇館の位置関係はこんな感じ。

左:トイレ 右:風扇館

フリーサイト

オートサイトからまた少し行くとフリーサイトと受付があります

フリーサイトには道路を挟んで2つのサイトがあります

マンマ
マンマ

割と山奥ですが、キャンプ場の電波は心配ありません(ドコモ)
ただし、キャンプ場までの道中で圏外になる所がありました。

貯水池側林間サイト

まずは、今回僕が利用した湖に近い所々傾斜のある林間サイト。
ここから湖側は斜面になっておりテントは張れません。

もちろん平坦な場所もあります。

風扇館正面にして右側に広がる林間サイト

こちら側にトイレや炊事場、東屋があります

山側林間サイト

そして2つ目は風扇館の真向かいにある山側の林間サイト

こちらは平坦なところが多くありました。
結構奥の方までありました。
今回のキャンプではこちらの利用者はいませんでした

炊事場

湖側のフリーサイト内にあります。
蜘蛛の巣が張っていたりとあまりキレイではないですが、水を汲むくらいの利用には支障ありませんでした。

因みにこちらは東屋
割と広めでした。大人10人は余裕では入れそうです。

炊事場の近くに灰入れがあります

電気柵

2021年に場内でクマの目撃情報があり安全対策を検討し、2022年にキャンプ場の外周に電気柵を設けました。

爆音ラジオがなくなったので静かに過ごせますよ!!(笑)

その他

マンマ
マンマ

今回利用した時は一日中風が強かったです
もしかしたら枝が落ちてきたりするかもしれませんね

風が強いことが多い場所なのか?
サイト内に沢山小枝が落ちていて焚火の焚きつけなどに不自由はしませんでした。

翌朝は風もなく静かな朝でした。
アブの子供に数か所かまれました

まとめ

ふうれん望湖台森林公園オートキャンプ場はオートキャンプ場とフリーサイトがあります。
スマホ電波は圏外の心配はありませんがキャンプ場までの道中は圏外の場所がありました(docomo)
入浴施設や買い出しのスーパーなどは近くに無く、事前に名寄市や士別市などで購入する必要があります。
数年前に場内で熊の目撃があったため、熊対策でキャンプ場外周に電気柵を設置しました。
フリーサイトトイレ前にあった熊対策の爆音ラジオはなくなり静かに過ごすことができました。

トイレはキレイで、炊事場はクモの巣が張っていたりもしましたが特に支障はありませんでした。

風が強い場所なのか?サイト内には小枝が沢山落ちていました。

今回(土日)利用した時はフリーサイトは5組くらいでした
ハイシーズン前なら静かに過ごすことが出来そうですよ。

今回のテントは【NatureHike hiby3】です(詳しい記事はこちら
昨年のポールの骨折から見事カムバックしたこのテントはホントに使いやすいし、風にも強い!

今回のキャンプはとても風の強い日でしたが、ビクともしませんでした
室内空間も広く、インナーを外すとさらに広々ソロキャンパーにおすすめです

この記事を書いたマンマはこんな人

\この記事を書いた人/
北海道内で一年中キャンプをしています
北海道の100か所以上のキャンプ場を利用している僕が、桜のキレイなキャンプ場や子供が楽しめるキャンプ場・冬キャンプのできる所などを実際に利用してレポートしています。
またキャンプ道具レビューや冬キャンプをしないとわからないことや冬キャンプの仕方・ノウハウをこれから冬キャンプを始める方に向けて発信しています。

旭川市のタウン情報サイト『asatan』でライターとしても活動中です。

詳しいプロフィールはこちら

マンマをフォローしてね☆
上川
スポンサーリンク
シェアしていただけると嬉しいです( *´艸`)ふふふ
マンマをフォローしてね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました