ずぼら式、低コストアルコールストーブ作ってみた

スポンサーリンク
DIY

こんにちはマンマです。

アルコールストーブをDIYしたのでレシピを紹介します。

空き缶を二つ用意します(350mlでも500mlでもいいです)

主に使うのは缶の底です

紙を敷いて缶の底を型取ります

マジックの点部分がジェット孔になります。画鋲やドリルで穴開けます

型取ったら今度は更に小さくするためにはさみで切ります

缶の底に入るくらいまで小さく切れたら缶の底のふちにジェット孔を作るための穴の位置を決めます。

ジェット孔は画鋲で穴開けます。

※この缶がアルコールストーブの上部になります。

型紙を4回折りたたんだら16方向に印が付けれます。

だいたいでいいですよ、ずぼら式なんで(笑)

次は缶を切断します。

缶の下から4㎝くらいの高さにカッターの刃を当てて缶をくるくる回し、缶に傷をつけていきます。(アルミホイルの箱の上に刃を置くとだいたい4㎝ぐらい)

ある程度回し続けると爪で押すとペリペリと簡単に切断できます。ケガ注意

で、それを二つ作ります。(2個目は4㎝より若干低く)

二個目の缶はアルコールストーブ下部になります。

右が上部、左が下部

次はコンパスカッターで缶の底に傷をつけて穴を開けます

先ほどの切断より根気がいります。

ひたすらくるくる回して傷つけます。

ここが予熱室となりアルコールを入れる場所になります

頑張ってください( `ー´)ノ

コンパスカッターは100均にあります。
三角にはさみで切ってください、アルコールが流れる部分になります
先ほどの赤い三角が黒三角になります。

次は切断した残骸を切り取り、丸めて二個目に切断した缶の内側と合体

(丸めたのを固定するのはホチキスで。)

上から一個目の缶をかぶせます

下部になる二個目の缶は上部の缶と合体するので写真のように内側に折り曲げ合体しやすくします。

完成です。アルコールを注入しチャッカマンで点火

予熱が始まりました。

台所へ移動します

予熱後、ジェット孔からも炎が出始めます。(予熱開始30秒後くらい)

本燃焼です。アルコールの量にもよりますが8~9分くらい燃焼してました。

風が吹いても消えないので花火をするときのろうそくの代わりや災害時のガスコンロ代わりになります。

一家に一台どうですか?奥さん?

家に無いとすれば、コンパスカッターくらいでは?

他は家にありそうなものでできます。

ちなみに空き缶の感じが嫌であれば周りを紙やすりでこすってやればいいと思います

周りをやすりでこすった初号機です。

かなり味がありますね。

コメント

  1. ORION より:

    >一家に一台どうですか?奥さん?

    奥さんじゃありませんが(笑)わが家にもあります。
    マンマさんのアルストほど炎は立ちませんが、川原でちょっとお茶を温めるとかには充分です。
    夕暮れにあの炎を見ているとなぜか落ち着くんですよね。

    今の課題はカップを載せる五徳探しです。

タイトルとURLをコピーしました