おしゃれなカッティングボード カッティングボードの使い方

キャンプ道具
スポンサーリンク

おばんでーす、マンマ(@FvYq5manma)です

今回ご紹介するのは北海道旭川市は東旭川の田園地帯にあります
~wood custom shop~【little island】さんのカッティングボードの紹介です。
2021年8月にオープンしたばかりのお店です
little islandさんとはInstagramのDMで連絡を頂き見学を兼ねてお話を伺わせていただきました。

ブログ村に参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

ちょっとわかりづらいですが、道路沿いにかわいい看板が立っているのでそれが目印です。
入り口は道路沿いから見えず、車を置いてぐるっと回りこむとあります。

お店入り口

物置を自分で改装し店舗を作られたようで内装もおしゃれ♪

入った瞬間、カッティングボードが僕のキャンパー心をくすぐったのかニヤニヤとワクワクが止まりませんでした(笑)

つるつるにヤスリがけ

ちょうど工房で作業中だったので作業風景をパチリ!

カッティングボードとは

我が家はこのカッティングボードに出会うまではカッティングボードを持っておらず、全くのノーマークで正直言って100均の銀皿や紙皿でした。
調べてみると色んなものが出てきました、びっくりです

有名ブランドの物もありますね

出典:DOD

やっぱりめちゃくちゃかわいいですねーウサギのロゴがキュート

出典:snow peak

スタイリッシュでかっこいいですね♪

カッティングボードとは?

まな板としてしての機能とプレートとしておしゃれにテーブルを彩るアイテムでもあるのです。
オシャレキャンパー目指してる方はカッティングボードを持っていても損のないアイテムですね☆

日本のまな板は包丁の刃こぼれを防ぐため、柔らかい素材が一般的ですが、カッティングボードは、パンやチーズをカットするギザギザ刃でも傷がつきにくいよう、堅くて丈夫な木材が多く使われています。

確かにおしゃれなカッティングボードに食事を載せたら映えそうですよね(写真の腕次第(笑))
では載せてみましょう

わが地元の米粉シフォンケーキを載せました

これまたわが地元の美味しいケーキ

わが地元産の牛肉じゃないけどシンプルに肉!!

なんだかこれが一番いいかも(笑)我が家産の枝豆

やっぱり食べ物の写真って写真の腕が試されますね(笑)

色んな木を使って寄木加工している

今回商品提供していただいたのがこちらの2枚です

このカッティングボードはオシャレに着色しているのではなく、色の違うところは違う木を使って接着しているのです。
接着に使っているものももちろん人体に影響のないし、洗っても問題ない物を使用しているとのこと。

↑↑↑使用している木も様々で、上の木材から

  • チーク
    (木質が密なため硬く重いが手触りが良く、やわらかな艶が特徴
    水に強く古くは船の材料として使われていたんだそう)
  • ウォルナット
    (耐久性にも優れ、高級家具としてよく使用されます。)
  • サクラ
    (堅くて丈夫)
  • ブビンガ(高級材木の一つであり高い耐摩耗性や強度を持った材質)
  • ブナ(堅くて丈夫)
  • ウォルナット
  • サクラ

という木の種類が使われています。

取っ手があって物を載せて運ぶときに便利ですね☆また、吊るすこともできおしゃれに保管することができます。

カッティングボードの縁には溝がありますが、ここは肉汁やサラダの水気を受けるところだそうで、溝がないと肉汁等はテーブルに溢れてしまいますね。

使用済みで艶ありませんが・・・。
  • メイプル(変形しにくく耐久性に優れている)
  • ウォルナット
  • チェリー(年月が経つにつれどんどんと色が濃くなる経年変化が楽しめる材料)
  • ウォルナット
  • メイプル
  • ウォルナット
  • チェリー
  • ウォルナット
  • メイプル

木によってこんなにも色があるなんて思ってもいなかったのでビックリでした!
そしてどの素材も丈夫で水に強い!

他にも複雑に組まれたパターンの物もあって使わずとも飾るだけでもオシャレですね☆

シンプルな物もあります

カッティングボードのメンテナンス方法

  • 使用後は早めにスポンジで優しく洗う
  • 汚れの強い場合は中性洗剤で優しく洗う
  • 洗った後は水気をよく取り直射日光を避け風通しの良い所に置く
  • 毛羽立ちが目立ってきたら紙やすり(400番)で磨いて、エゴマオイルを塗って乾かす。

※もしも、消えない切傷などが出来てしまったら無料で磨いてくれるそうです。
(送料実費)
まずは状態を伝えて相談するのが良いですね!!

まとめ

~wood custom shop~【little islandは旭川市は東旭川の田園地帯にあります
お店から天気の良い日は大雪山が見えます
寄木加工でカッティングボードを作成しており、ここにしかないデザインの一点ものが数多くおいてあります。
カッティングボードの他一輪挿しや他の物も制作中!?

キャンパーさんが訪れると絶対にニヤニヤとワクワクが止まらないはず(笑)
コロナ禍でなかなか難しいですが、開催された際は 北海道の各地のイベントにも時々出店されているそうです。
今後インスタなどで参加予定報告あるかもしれませんね!
イベントで見かけたときは気軽に声をかけてくださいねとの事。

お近くに来られた際は是非寄ってみてくださいね

little island(リトルアイランド)
〒078-8368 旭川市東旭川旭正244番地
TEL 080-3416-6522
メール tak.littleisland@gmail.com

(不在になる場合があるので事前連絡することをおすすめします)

little island インスタ

 

したっけ、また!

マンマでした!

この記事を書いたやつはこんな人

2014年7月ファミキャンプを始める
2016年8月ソロキャンデビューが完ソロ
2016年11月雪ないが冬キャンデビュー
2019年ストレスで病みがちになるも外で過ごすことの素晴らしさを再認識しキャンプ15泊
2020年コロナ渦の影響で当ブログ開始キャンプは出遅れるも密を避け18泊
2021年1月氷点下20度キャンプを経験
自分らしくありのままで楽しくキャンプやってます。
気軽に読んでください
詳しいプロフィールはこちら

マンマをフォローしてね☆
キャンプ道具
シェアしていただけると嬉しいです( *´艸`)ふふふ
マンマをフォローしてね☆
マンマのまんまでいいべさ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました