【小平町】望洋台キャンプ場 オロロンライン沿いにあるキャンプ場

留萌
スポンサーリンク

おばんでーす、マンマ(@FvYq5manma)です

今回はオロロンライン沿いにあるキャンプ場の望洋台キャンプ場の紹介です

北上すれば、人気海水浴場の苫前町の『ホワイトビーチ』や羽幌町の『羽幌サンセットビーチ』
さらに北上で眺めの良い無料キャンプ場で人気の初山別村『みさき台キャンプ場』があります

小平町にも『おにしかツインビーチ』があります

この記事をおすすめする方

・景色の良いところでキャンプがしたい!

・海に沈むキレイな夕焼けが見たい!

・温泉がちかいところがいい!

・新鮮な海産物がたべたい!

そんな人におすすめです。

はじめまして、北海道で年中キャンプしながら当ブログの管理者もしているマンマと申します

まずはじめに簡単に我が家の紹介をしたいと思います。

興味の無い方は下にスクロールしてください

 

マンマ家のプロフィール

・2006年: 結婚
・2007年: この年から道内の道の駅と市町村を巡り始める
・2008年: 道内全市町村巡り制覇・道の駅は98%終了
・2010年: 息子こた誕生
・2014年: ファミリーキャンプ開始
・2016年: マンマ ソロキャンプデビューが完ソロで大雨
・2017年: マンマ 冬キャンプデビュー
・2020年: 北海道キャンプブログ『マンマのまんまでいいべさ』運営開始
・2021年: ファミキャン及びソロキャンプで約80か所のキャンプ場を利用

2014年カタログギフトで鹿番長のキャンプイスを購入したのをきっかけにキャンプにはまってしまいました。
元々、夫婦共々幼少期はキャンプや海水浴によく行っていたので虫やアウトドアには抵抗はありませんでしたし、旅行も好きだったので、ホテルや旅館に泊まるならテントでとまった方が安いという事になりました。


Instagramでフォローお願いします
@manma1020


Twitterでフォローお願いします
@FvYq5manma

人気ブログランキングにも参加してますのでフォローして応援してください♪

【小平町】望洋台キャンプ場の総評

忙しい人向けに簡単に総評

望洋台キャンプ場は眺望の良い高台に位置し、日本海が一望できます!

電源あり・なしオートサイト、フリーサイト、バンガローに分かれ様々なスタイルに合せて利用が可能です

管理人さんは複数人いるようですが、チェックイン時に対応してくれた方は料金の支払いのみで、肝心のどこにどの施設やサイトがあるかの説明や、ゴミの分別の仕方などの説明もなく物足りない感じがしました。
近くの直売所を聞くも
「小平町はコンビニしかありません。」
といわれましたが、疑問をもち調べたところ、臼谷漁港に直売所がありました。
忙しそうではあったけどこれはないなとおもいました。

チェックアウト時は違う方で少ししか話しませんでしたが、「昨晩は眠れましたか?」
など、対応がよく、この人だったら良かったなと(笑)

キャンプ場自体はとても良い場所でしたので是非利用してみてください。

料金
大人400円
子供300円
テント1000円
(ソロテント以外)

焚き火に関して

キャンプファイヤーは事前申請でokだがキャンプ本には焚き火の記載がなかったので事前に問い合わせたところ焚火台使用でok

百見一聞に如かずってか?(笑)

焚火は焚火台使用し芝を傷めないようスパッターシートなどで養生すればOK

施設紹介

出典:おびら観光情報

管理棟

受付混雑時は外のテラスで待つこともできます。

管理棟内には乾燥機付き洗濯機やソファーやテレビもあります。
薪の販売もありました。

管理棟から一番端の広々フリーサイトまでは下り坂になっておりオートサイトやバンガローがありました。

利用したフリーサイトは?

我が家は一番端の広々フリーサイトを利用しました

駐車場付近にも設営できるので、セミオート状態で大荷物キャンパーには嬉しい。

我が家は電源なしオートサイトのすぐ下に設営

トイレや炊事場も近いが人の流れが常にある場所でした。

左側に電源なしオートへの階段あり。

本当は海側の眺めの良い所に行きたかったけど先客ありでした

トイレ・炊事場

トイレ炊事場はフリーサイトにはなく、電源なしオートにありました。

施設自体は特に問題なくという感じでトイレは公衆トイレのようですが匂いなどはなく

トイレの裏は1段下がってフリーサイト

炊事場も普通の蛇口(捻れば出続けるやーつ)でした。

チェックポイント

炭捨て場(ペール缶)もここにありました。

電源なしサイトの海側からの眺めは良い!

ゴミステーション

ゴミステーションは管理棟の隣りにあります

受付時にもらう紙に分別の仕方が載っているので従いましょう。

入浴施設

キャンプ場のある高台の麓に『ゆったりかん』という入浴施設があります。

大浴場「光明石温泉(人工温泉)」は、疲労回復、神経痛、腰痛などの効能の他、お肌がつるつるになることから「活性の湯」とも呼ばれ、地元客やキャンプ場利用者など多くの方々が利用していました
 
日帰り入浴ご利用時間
 10:00~21:00(20:30受付終了)

キャンプ場利用者は100円割引あり

通常大人500円100円割引で400円

通常子供300円100円割引で200円

直売所

キャンプ場からは10分弱くらいでオロロンラインを南下するとあります

ずらりと直売所が並んでいますがあまり種類は多くありませんがどれも新鮮でした。

我が家は1枚150円のホタテを5枚購入。貝から身を外してくれて、その場でも食べれます

外した貝もお願いしたらもらえるので、網焼きで貝の上でバター醤油なんてできますね☆

今回は貝を外してもらい生のままいただきました。

身は甘くて貝柱はコリコリして美味でしたね〜。

是非!

夜の様子

我が家が利用したフリーサイトは外灯が少なく、晴れた日は星がキレイに見えそうです

今回は雨が降ったり止んだりと不安定な天気でしたが、夜中にトイレに起きたときは星が綺麗だったよと息子に教えられました。

おまけ

今回はマクライトの火入れ式をも兼ねていました。

大きな薪も入るので焚き火のしごたえがあります。

まとめ

望洋台キャンプ場はオロロンライン沿いにあるキャンプ場で景色の良いところで
・海に沈むキレイな夕焼けが見たい!
・温泉がちかいところがいい!
・新鮮な海産物がたべたい!
そんな人におすすめです。

電源あり・なしオートサイト、フリーサイト、バンガローに分かれ様々なスタイルに合せて利用が可能です

管理人さんは複数人いるようですが、チェックイン時に対応してくれた方には物足りない感じがしました。

キャンプ場自体はとても良い場所でしたので是非利用してみてください。

したっけ、また!

マンマでした!

人気ブログランキングにも参加してますのでフォローして応援してください♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

この記事を書いたマンマはこんな人

北海道内で一年中キャンプをしています
およそ80か所のキャンプ場を利用している僕が、桜のキレイなキャンプ場や子供が楽しめるキャンプ場・冬キャンプのできる所を実際に利用してレポートしています。
冬キャンプをしないとわからないことや冬キャンプの仕方・ノウハウをこれから冬キャンプを始める方に向けて発信しています。
一番寒かった時で-20.9℃でした。
実際自分が使ってよかったキャンプ道具紹介
もしています。

詳しいプロフィールはこちら

マンマをフォローしてね☆
留萌
シェアしていただけると嬉しいです( *´艸`)ふふふ
マンマをフォローしてね☆
マンマのまんまでいいべさ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました