尾岱沼ふれあいキャンプ場(別海町)朝日が綺麗

根室
スポンサーリンク

おばんでーす、マンマ(@FvYq5manma)です

今回紹介するキャンプ場は別海町にあります尾岱沼ふれあいキャンプ場です。

キャンプから帰って来て今の率直な感想は「行った甲斐があった」「また行きたい」「移動がしんどい(苦)」

そんな我が家から約6時間で300㎞の遠く離れたキャンプ場のレポートです。

この記事には

✅尾岱沼ふれあいキャンプ場の概要

✅尾岱沼ふれあいキャンプ場から見る景色

✅尾岱沼ふれあいキャンプ場周辺情報

が書いてあります。

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、利用の制限があったり休止しているところがあるかもしれないので事前確認をすることをおすすめします
 また、手洗い、咳エチケット、密を避ける行動などの感染症対策もあわせてお願いいたします。

尾岱沼ふれあいキャンプ場

テントサイトは全てフリーエリアなので予約はできません。
バンガローのご予約はお電話にて(午前9時~午後5時 0153-86-2208)
チェックイン13時
チェックアウト10時

チェックポイント

チェックイン交渉できるかも。
だいぶチェックインまで早かったけど、なんかチェックインできた

一般(高校生以上)小・中学生
入 場 料300円200円

【利用料金】

持込テント  1,000円(内訳:入場料300+テント400)
車中泊の場合1,100円(内訳:入場料300+キャンピングカー500)
持込テント・タープそれぞれ一張の場合 1,400円(内訳:入場料300+テント400×2)
バンガローA棟の場合                     4,600円(内訳:入場料300+バンガロー4,000)

施 設 名単 位使 用 料
バンガロー A1棟/1泊4,000円 
バンガロー B1室/1泊6,500円 
持ち込みテント1張/1泊400円 
キャンピングカー1台/1泊500円 
貸しテント1張/1泊500円 
貸し毛布1枚/1泊200円 
貸し寝袋1つ/1泊300円 

キャンプ場内

管理棟

炭や薪、シャボン玉やライトなど売っています(息子談)

朝になると別海の牛乳・飲むヨーグルトやさけるチーズが売られていました。
(アナウンスがかかるのでわかります)

別海牛乳などは大人気の為、早めの購入をおすすめします。

バンガロー群

ペット可ですが、バンガローの中には入れません。また、お散歩は砂浜または場外でお願いいたします。2020年新たに入口駐車場脇にドッグラン設備が完成しました

場内、車は反時計回りに一方通行なので逆走しないように気を付けましょう!

臭いが少しきついです。使用には問題ありません。

ベンチ&テーブル

所々にベンチ&テーブルがありその近くでテントを張る方もいました。

炊事場

キレイです。無問題。

炭火コーナー

ゴミの処理について

ごみの分別(もえるごみ・かん・びん・ペットボトル)
受付時に渡されるファイルの中の「べつかいのゴミ出しルール」があるので確認してください。
管理棟でごみ袋の購入もできます。

焚火について

焚火は焚火台使用し芝を傷めないようスパッターシートなどで養生すればOK

芝生の上での直火は禁止です。

焚き火台などを使用して芝生等を焦がさないようにお願いいたします。

矢印の通路の左側にも車の置けるスペースがあります。
近くにテントを設営出来たら、オートキャンプもできます。
(フリーサイトと駐車スペースは少し段差あり)

やはり人気は車が近くに置けて海岸線沿いに近く景色の良いこの場所です
(我が家は黄色の印あたりに設営しました炊事場が青○で近くてトイレが白○で遠かった)

キャンプ場からの風景

目の前には野付半島。その向こうには国後島があります。

どこまでも続く地平線いいね!👍

息子はここで干潮と満潮を知りました

遮るものがなく景色はいいがその分、風が強い時がある。

キャンプ飯

最近は自宅のご飯よりキャンプ場で作るご飯の方が豪華という(笑)

パエリアのアサリは現地で購入しました。北海島エビは残念ながら季節外の為なかった。

野付湾からの朝日

早起きし、日の出も見ました。野付湾からの日の出も見たかったので感無量。

周辺情報

温泉銭湯 浜の湯

野付温泉浜の湯 to 尾岱沼ふれあいキャンプ場

キャンプ場から一番近い温泉に行ったのですが、やってなかったのでここに来ましたが、温泉なのに銭湯料金で入れるというそして2種類の泉質が楽しめます。

シャワーの湯量や温度調節が難しかったりしますがそれがコントみたいで楽しかった。

故障個所や不具合がありますが総じてよかったです。

こちらに来たときは是非!!

サーモンパーク

別海町の隣の標津町にはサーモンパークがありまして、そこで鮭の生態を学習したり、「チョウザメの口パクコーナー」なるものがありまして、チョウザメの口に手を入れるというもの、チョウザメは歯がなく痛くない。

まとめ

旭川方面からだとなかなか気軽に来れる距離じゃないけどチェックインが早めにできるので深夜出発すれば朝方には着け、ゆっくり過ごせます。

野付湾から昇る朝日は神々しい

温泉は是非行ってみて!ある意味楽しめます(笑)

北海シマエビは7月が旬!

別海牛乳うまっ! by息子


ファミリーキャンプランキングに参加してますクリックのご協力お願いいたします

したっけ、また!

マンマでした!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました