尾岱沼ふれあいキャンプ場(別海町)朝日が綺麗

道東
スポンサーリンク

おばんでーす、マンマ(@FvYq5manma)です

今回紹介するキャンプ場は2020.9.19-9.20に利用した
別海町にあります尾岱沼ふれあいキャンプ場です。

まぁホントは違うところに行きたかったのだけど、朝一からの受付の行列を目の当たりにするとちょっとしらけちゃってね(笑)色々考えてだいたい100㎞くらいはなれた第2候補のここに決めました。

キャンプから帰って来て今の率直な感想は「行った甲斐があった」「また行きたい」「移動がしんどい(苦)」

そんな我が家から遠く離れたキャンプ場のレポートです。

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、利用の制限があったり休止しているところがあるかもしれないので事前確認をすることをおすすめします
 また、手洗い、咳エチケット、密を避ける行動などの感染症対策もあわせてお願いいたします。

※キャンプ場本編だけ見たい方は2ページ目から見てください

夜勤明けでの出動

夜勤明けでキャンプに行くことはよくあるから我が家では普通の事なんですが、今回は深夜出発。

9月18日(金)9:30夜勤終了

      10:00車に荷物搬入作業

      14:00妻仕事より帰宅し買い出しやガソリン補給

      19:00夕食

      21:00睡眠に入るけどワクワクしすぎて修学旅行前日の小学生状態で眠れない。

      23:00浅い睡眠だったけどとりあえず起床

9月19日(土)am0:45出発

夜中にクーラーなどの最終荷物搬入作業。夜中にやると夜逃げに見える。

前回の丸瀬布に続き今回もフル装備なので荷物パンパン

当初の目的地

  • 美幌峠経由で雲海チャレンジし朝一でキャンプ場にインし、のんびりする寸法でした。 
  • am5:00頃の美幌峠の雲海       
日の出前

雲海チャレンジは今までにトマム雲海テラスと津別峠の2度したことありますが失敗しています。

で三度目の正直。

見事な雲海と朝日を見ることができて朝からルンルンです♪

ここから和琴半島湖畔キャンプ場はすぐそこなんですが、受付開始がam8:00でさすがに早すぎるので、砂湯の駐車場で仮眠(自宅での出発前睡眠より眠れました)

7:30起床ぼちぼちキャンプ場へ。

ショック過ぎて写真ありませんが結果から言うと8:00からの受付が長蛇の列。

なんかしらけちゃったのでここはやめて第2候補へ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました