ソロキャンプが人気の理由 メリット・デメリット有り

お話
スポンサーリンク

ソロキャンプデメリット

アクシデントへの対応

先ほどもお話しましたがメリットでもありデメリットでもある。

複数人でキャンプをしていてアクシデントに見舞われても協力すれば早めにアクシデントを解消できるかもしれないがソロはそれができない。すべて自分。

防犯リスク

僕は今まで経験がないがキャンプギアの盗難や荷物の盗難。

常に身に着けておくか車内の見えない所にしまっておく事がいいだろう

最近ではテントのチャックに鍵をかけれる道具があるようですね。

盗難は人間だけではない、動物にも注意!

食料をその辺に置いておくとキツネやカラスがさらっていきます

テント内でさえ安心できない。やつらはすぐそこで隙を伺っています

食料はクーラーなどにしまって更にクーラーの上に重い物を置いてサイトを離れています

念には念を!

ソロの新しいカタチ ソロソロの集い

新しいカタチと言いましたが、僕はソロキャンを始めた初期のころから度々召集をうけて参加しています。

ソロのキャンパーが集まりソロキャンプをする形

※グルキャンとは違い常に一緒に参加者といない

もちろんソロキャンプですので、自分の時間が一番食事を一人で食べたり、焚火を一人でまったりしたり。気が向けば参加者の所に行ってテントやギアを見せてもらったり談笑したり、それぞれがそれぞれの距離を保ってそれぞれのスタイルでソロキャンプをする形です

これならソロキャンのデメリットも薄められる。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました