冬キャンプの服装の話 北海道で冬キャンプする最低限の服装とは

スポンサーリンク
お話

こんにちはマンマです北海道では冬キャンプが始まっています。

といっても雪上ではなく、まだ地面が見えている状態だと思いますが。

この記事を読むと

✅北海道で冬キャンプするにあたり最低限の服装がわかります。

✅僕が使っているシュラフも公開します。

僕は男では珍しい冷え性なので寒さには少々うるさいので参考にしていただけると一泊の冬キャンプの寒さは大丈夫と思います。

-9℃で来ていた装備を紹介いたします

※ただし服装は暖かい物に特化したものですのでオシャレな服装ではありませんので先に言っておきます。

耳の隠れるニット帽とネックウォーマー

長時間外にいると寒さで耳が痛くなるときもあるのでニット帽あるです

ネックウォーマーは首回りの保温と襟元から入る冷気を少しでも防ぐため

冬キャンプの服装・・・上衣

薄いロンTの上にトレーナーやパーカーを着ます。さらに

ワークマンで販売されていますFIND OUTの

CROSS SHIELD(クロスシールド)ブルゾン

「動き」に特化した軽量防寒ウエア
最適量80gの中わたを使用し、 ゴワつかず、軽量性と保温性を実現
中間着としても着用が可能

おすすめポイント
・イエローとレッドを新色として追加
・肩と脇は、体の動きを損なわない事を重視した伸縮するニット素材
・左胸に反射プリント付き
・前後身頃に中わた入り
・フードがなく、重ね着しやすい

重ね着をしていますが動きやすく腕の可動域も制限ないです。

ツルツルした手触りなので上に着るジャンバーとも摩擦なく着心地もストレスありません。

重ね着ですので普段のサイズより1サイズ大きめ(3L)を着ています。

全国続々出店中!
店舗受取なら送料・手数無料!
ワークマン

最後に

Colombiaのジャンバーを着ます。

このジャンバーは元々普段の外出用として7年来ていたのをキャンプ用にリサイクルしたものです。

風を通さないので7年経っても保温性はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました