【安い 冬用シュラフ】YOGOTOのダウンシュラフを5年使用したのでレビューしてみる

キャンプ道具
スポンサーリンク

おばんでーす、マンマ(@FvYq5manma)です

2021年の冬から6年目を迎えた僕の冬キャンプ歴
それと同時に冬用に購入したYOGOTOの冬用シュラフも6年目を迎えるので良きところもイマイチなところも紹介したいと思います。

こんな人は読んでみてね!

✅YOGOTOってどこのメーカー・ブランド?

✅YOGOTOのシュラフが気になっている

✅YOGOTOのシュラフで冬キャンプできるの?

✅安くて使える冬用シュラフを探している人

結論

yogotoのシュラフは冬キャンプで使えます。

10,000円でおつりがくる程、安価ですし、僕のようなお小遣い制キャンパーさんにはありがたいシュラフです。

もちろんイマイチな所もあります。
それをこれからご紹介していきたいと思います。

YOGOTOってどこのメーカー・ブランド?

YOGOTOは中国のメーカーなのですが詳細は調べても出てきませんでした(笑)

シュラフの他、ペグ、ペグケース、ランタンハンマー、ランタンポール、等がありました。
Amazonの評価を見てもそれほど悪くないようです

YOGOTOの冬用シュラフの購入に至った経緯

2016年のマンマ
2016年のマンマ

今年の冬から冬キャンプに挑戦しよう!
そのためには寝袋やテントを冬用にしないとだめなのかな?

ちょっと調べてみよう。

カタカタカタカタカタ…

ふむふむ。テントは夏も冬も関係ないっぽいな。

寝袋は封筒型を重ねても良いけど襟元からの冷気があるのか。
じゃあマミー型のシュラフが良さそうだね

マミー型って金額高いんだべか?

アマゾンで検索…

2016年のマンマ
2016年のマンマ

人気の物はどれも高いな…。

諭吉が2枚も3枚も必要で手が出ないわ

安くて使えそうなものを探そう

Amazonさん頼むよ~。

2016年のマンマ
2016年のマンマ

YOGOTO?全然聞いたことないし検索しても使ってる人いなそう。

けど、諭吉1枚でおつりがくるし、ダウンを使ってるみたいだし何だか良さげ。

これ使って寒くてだめなら潔く冬キャンプはあきらめよう。

では…ポチっとな!

簡単に言いますと、僕もナンガやイスカ・モンベルみたいな高級なシュラフが欲しかったのだけど高くて手が出なくて他を探してた所にYOGOTOと出会いまして購入に至り、これでダメなら冬キャンプはあきらめようと思ってました。

チェックポイント

2021年現在も冬キャンプをしているという事は、YOGOTOのシュラフは北海道の冬でしっかり使えたという事なのです

次は実際、いままでどのくらいの気温で使っているのかお話します。

実践投入気温は

冬キャンプデビューは-16℃エルム高原家族村

YOGOTOのシュラフデビューは-16℃でした。
-16℃というと厚着ぎをしていても1-2時間も外にいれば体が勝手にブルってくるレベル
(個人差あり)
冬キャンデビューですから過剰なくらい準備をして挑みました。
ソロテントに灯油ストーブインしてみたり、湯たんぽ、カイロ、厚着等など。

結果は、1・2度途中覚醒あったが湯たんぽ効果も大きく、眠ることができました。

この結果にテンションが上がってしまい、

もっと寒い気温でキャンプがしてみたいと思ってしまい、一番気温の低いキャンプで2021年1月に経験した-20℃キャンプでした。

今までで一番凍れた雪中キャンプ
<strong>マンマ</strong>
マンマ

だいぶ冬キャンに対して耐性が付いてきたころで少し油断もあってマット、ネックウォーマー、湯たんぽを忘れてしまいました。不幸中の幸いでキャンプ場は自宅から近く、気付いた妻がキャンプ場まで持ってきてくれた時は久しぶりに天使に見えました。(いや、いつも天使だよな、息子よ?)

チェックポイント

おそらく忘れ物が届かなかったら眠れぬ長い夜か、無念の撤退が確実でした。

結果は何度か足元に冷えを感じ覚醒しつつ朝を迎えました。

お世辞でもぬくぬく暖かく眠れたとは言えませんでした

2021年度冬キャンプは-14℃からスタート

-14℃は生卵の卵白も凍った

YOGOTOシュラフスペック

YOGOTOシュラフスペック
  • 使用快適温度:-5℃~5℃   重量:約2.3kg素材:外部:ナイロン    充填物:ダウン約1500g使用サイズ:220×80×50cm 収納サイズ:25×45cm(筒型) マミー型は軽量で保温性が良いです。

  • 収納ケース付きで収納もコンパクトです。

  • 【連結可】防水性、通気性が優れており、Lジッパーの寝袋とRジッパーの寝袋があれば、簡単に連結できます!

  • 【高い保温性】体温がシュラフの首元から逃げないように、冷たいジッパーが体に接しないように、ネックバッフルとネックカラーとドラフトチューブ、この三箇所だけは断熱ヒート繊維になっています。ほか部分の充填物は1500gのダウンです。

  • 留め具タイプ
    ファスナー
    充填材料
    ダウン
    外装素材
    ナイロン, コットン
    使用温度目安
    -10~0℃
    商品寸法 (長さx幅x高さ)
    2.2 x 0.8 x 0.15 m
    商品の重量
    2.3 キログラム
    形状
    マミー型
    ※Amazonより抜粋

    良いところ

    なんと言っても安い!
    中身が化繊じゃなくダウンなのに10000円でお釣りが来るんですから安いに決まっている。
    カスタムすれば-20℃くらいならどうにか寝れる
    カスタムというのはカイロを装着したり湯たんぽを使用したり、ネックウォーマーも効果的
    連結可
    右ジッパーのシュラフと左ジッパーのシュラフがあり連結が可能です。
    カップルや親子には最適

    イマイチな所

    デカい
    ザックに収納できるがシュラフがザックの中身の95%を占め、他にほぼものが収納できない。だから手持ちになるか、BOXを使用するか選択をしなければならない。
    コンプレッションベルトが取れた
    縫製が甘かったのか、留具が取れた。
    寝るのに支障はないが若干持ち運びに不便
    ジッパーが噛みやすい
    毎回絶対噛む!僕の使い方なのか?!

    ダウン独特の獣臭

    ダウンシュラフ独特の獣臭をよく気にされる方も多いがyogotoのシュラフももれなく獣臭がする。

    個人差もあるが僕は臭くて眠れないとか不快だとかはなくあまり気にならなかった。

    今は獣臭は全く無い。

    要は使い込めば獣臭は無くなる(笑)

    まとめ

    どうでしたか?
    僕の冬キャンプの生命線であるyogotoのシュラフの良い所イマイチな所を紹介しました。

    獣臭はありますし、チャックも噛みます、個体差もありますが、縫製が甘い所もあり、悪い所もありますが、-20℃でキャンプできたのは事実ですし、冬キャンプで使えるのは間違いありません。

    今後もこのシュラフを使おうと思っています
    (高級シュラフは変えないからね。)

    したっけ、また!

    マンマでした!

    この記事を書いたやつはこんな人

    北海道内でキャンプを年間15泊~20泊しています
    一番寒かった時で-20.9℃
    北海道の厳冬期でのキャンプの仕方・雪中キャンプでのノウハウ
    キャンプ場レポート
    自身が使っていてよかったキャンプ道具紹介
    をしています。
    また夏場はファミリーキャンプもしてるのでファミリーと相性の良いキャンプ場も紹介しています

    キャンプ道具やキャンプ場の紹介依頼も受け付けています

    詳しいプロフィールはこちら

    マンマをフォローしてね☆
    キャンプ道具
    シェアしていただけると嬉しいです( *´艸`)ふふふ
    マンマをフォローしてね☆
    マンマのまんまでいいべさ

    コメント

    トップへ戻る
    タイトルとURLをコピーしました