【当日朝予約】星に手のとどく丘キャンプ場を2度利用レポ

上川
スポンサーリンク

こんにちはマンマです♪

今回の記事は北海道はもとより、本州からの利用客の多い人気キャンプ場で、4月のシーズンの予約開始と同時にすぐに予約が数か月間埋まってしまう中富良野町にあります星に手のとどく丘キャンプ場レポートです

2022年キャンプ場電話予約開始は

≪4月9日午前9:00開始≫

090-1302-1422(オーナー直通)

0167-44-3977(現地管理棟)

ブログランキングとブログ村に参加しています
ポチっと押してくれるとランキングが上がるから嬉しいな

ファミリーキャンプランキングにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

この記事を読むと

✅サイトの様子

✅各設備の様子

✅動物とのふれあいの様子

✅直火可能な石炉とはどんなものか?

✅周辺観光地

がわかります。

残念ながら2度利用中2度とも天気があまりよろしくなくて星には手が届きませんでした
なのでこの記事には星の写真は存在しませんので先にお伝えします。

星に手のとどく丘キャンプ場

公式サイト

星に手のとどく丘キャンプ場

予約状況や予約フォームキャンプ場の楽しい様子を見ることができます

北海道のへそである富良野市から20分程度の距離にある隣町の中富良野町にあります

中富良野町でも街中ではなく十勝岳連峰の富良野岳や前富良野岳の麓にあり市街地よりも標高の高い所に位置します。

おおまかに分けるとこんな感じ。

丘のサイトはキャンプ場でも高いところにあるので景色がよい

星のサイトは草でサイトが仕切られておりやや個別感があります

2018○…2018年に利用したサイト 2018ではなく2016の間違い。2016年に利用したサイト
2021○…2121年に利用したサイト

※表記し忘れましたが星のサイト側のトイレは星のサイト近くの小さい赤い屋根の建物

チェックポイント

標高が高いので平地よりも気温は低いことがあり春のキャンプはまだ雪が残っていることがあります。

結論

  • 星に手のとどく丘キャンプ場は4月の中旬からTEL予約が始まりますが、開始数分で数千件の問い合わせがあり、回線がパンクすることもあるくらい人気で道外からのキャンパーさんも多いです。
    星に手のとどくほどの素敵な星空を見るためのリピーターさんやファンも多い。
  • 朝になると羊がサイトを散歩しておりサイトの草を食べています。
  • 我が家は2016年・2021年の9月に当日予約で2度予約が取れて利用しています。
    というのもなかなか行きたい日の予約が取れないので朝一でサイトの予約状況を見て空いてたら飛び込みで連絡してます。
    2021年は時間的にチェックインに間に合うか微妙な時間だったため息子を学校まで迎えに行ってそのままキャンプ場というランドセル持ったままキャンプ(笑)
  • 周りは山や森が多いので夏は虫除け必須
    我が家は秋の利用なので虫は居なかった
  • お風呂は『フラヌイ温泉』か『ふらのラテール』が近い
    キャンプ場管理棟裏にもシャワー室あり。
  • 今まで食べたジンギスカンでここのジンギスカンが一番おいしい

基本情報

利用料
大人(中学生以上)850円
子供(小学生以下)450円
犬・猫200円
サイト料
ライダー専用サイト(17張)150円
オートサイト
(25区画)
1000円
キャンカーサイト1500円
時間
チェックイン/アウト13°〜15°/10°
管理棟営業時間7°30〜19°
ジンギスカンレストラン17°〜
シャワー6°〜21°

重要

予約は一家族まで

キャンプ場で待ち合わせのグループキャンプ禁止

2022年のオープン日は??

4月29日を予定しているそうです

毎年シーズン初めの予約は4月15日午前9:00ごろから始まりましたが、20年目となる2022年の予約開始は少し早めになるそうです。
開始数分で数千件の問い合わせがあり、回線がパンクすることもあるくらい人気です
道外からのキャンパーさんも多いです。

予約開始日は3月下旬・4月上旬にアナウンスするとの事です。

4月のシーズン初めの予約にチャレンジする方は頑張ってください!

まずは受付

キャンプ場に入って最初に見える建物が管理棟兼レストランになります

受付の際、ごみ出しの説明とジンギスカンの予約もできますしレンタルも沢山ありました
受付でオリジナルステッカーもあります
受付中もひっきりなしに予約の電話やキャンセルの電話が度々鳴っていて忙しそうだったな。

2016年に購入したオリジナルステッカー

駐車場は管理棟の目の前にある

ゴミの分別

チェックポイント

ゴミの回収は管理棟で行われます。

ゴミ回収の所にスタッフの方が居るので分別されていないの分別しなおさなければいけません。

9:00までにごみを出せば回収料100円ですが9:00以降は200円かかります。

朝のごみ回収の様子

世界に一つだけの味

過去に放送されていた北海道の夕方の番組のワンコーナーである『世界に一つだけの味』
そこで1位に輝いたジンギスカン
キャンプ場を二度利用して二度食べましたが、道民なのでいままで色んなジンギスカンを食べましたが今まで一番美味しかった!!『キャンプ場に来たらこれは食べたいよね』と一家満場一致の一品

どう美味しかったの!?と聞かれるか説明できないけど柔らかくておいしかった。

サイトを決める

受付が終わったらオーナーさんとゴルフカートに乗りサイトを一周して施設の案内とサイトを決めます。

この時はオートサイトが満場だったのでキャンカーサイトが空いていたので急遽キャンカーサイトを使わせていただきました

キャンカーサイト

星のサイトと丘のサイトの間に位置するサイト
トイレや炊事場がすぐそばにあって便利でした

サイトからの眺め(星のサイト方面)
電源もありました。

炊事場・トイレ

左が炊事場で真ん中と右は男女のトイレ

特段問題なくきれいでした。

炊事場も特段問題なく
食器を洗ったあとの水しぶきが激しいのはキャンパーのマナーの問題ですね。

炊事場もトイレも土足厳禁で専用のスリッパがあります。

シャワー室

管理棟裏にシャワー室があります

星のサイト

通路を挟んで左側が中富良野方面・右が山側十勝岳方面

画像が荒いのは2016年利用時の写真なのでご容赦(笑)

星のサイトの中富良野方面は二段になっており二段とも使用可能2張りは張れるくらいの広さ
十勝岳方面はやや傾斜のあるサイトだが傾斜は気にならない

写真は中富良野側の二段サイト

上段
下段

下段は笹薮で隣のサイトと仕切られているのでまるで秘密基地!?
男心くすぐられるかも。

因みにテントはキャンプ場のレンタルテントを使用しています。

バイク専用サイト

適度な距離があって素敵です
直火の石炉でサイトを仕切られています。

朝の羊の散歩(放牧)とウサギ

羊は日中は柵の中にいますが、朝は散歩がてらキャンプ場の草を食べています。
運がよければ(?)羊がテント内に侵入してくることも!?

2016年羊使いの息子が羊を従えています

こんなに近くによってものんびり朝ごはんを食べています。
子供達には大人気おとなしくてめんこい(かわいい)

ウサギ

ウサギ小屋もあります

チェックポイント

『ここからは入れません』という境界線があるので入らないように。

小さい子供だけだと理解が出来なくて境界線を越えてしまっている姿を目撃してしまったので、大人も一緒に付き添いしてあげてくださいね。

直火のできる石炉

各サイトに直火のできる石炉が設置されています

前の人が残した炭や薪がある事もあります

石炉の直火はやはり雰囲気がある

周辺観光

星に手のとどく丘キャンプ場は観光地からも近く、例を挙げると

美瑛町にある青い池までは30分前後

ラベンダーのキレイな富田ファームまでは約20分

北の国からの舞台である富良野市麓郷までは約20分

4月から9月まで10万平方メートルがお花で咲き誇り美しいフラワーランドかみふらのまで約20分

旭山動物園まで意外と近い1時間

など30分で行ける観光地がたくさんあります。

まとめ

星に手のとどく丘キャンプ場は

  • 予約がとても取りづらく、4月の予約開始では数分で数千件の問い合わせがあり回線がパンクするほど人気で本州からのキャンパーやリピーター・ファンが多い
  • 敷地が広く各スタイル(オート・キャンカー・バイク・バンガローなど)に合わせてサイトがある。
  • オートサイト(星のサイト)は二段に分かれたサイトで、テントを2張り張れるのでは?と思うほど広く、下段は笹で目隠しになり秘密基地のような男心をくすぐるサイトでした。
  • サイトに直火の石炉があります。
  • 朝になると羊の放牧がありサイトの近くの草を食べてます。
    運が良ければ羊の訪問があるかも?
  • ジンギスカンが美味い!!
  • 旭川美瑛富良野の観光から比較的近く、拠点に最適
  • 星が見えるとホントに最高との口コミが多いが、我が家はまだ星に手は届かず。

したっけ、また!

マンマでした!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました