北海道で冬キャンプ うまくいくちょっとしたコツ

お話
スポンサーリンク

焼台・焚火台は沈む

雪上で焚火台を使うので熱で雪がとけてみるみるうちに沈んでいきます。

雪上と焚火台の間に板を置いてあげたりスパッターシートを敷くと沈みません

飲み物の保存

氷点下の気温ですので外に飲み物を置くと凍ってしまいます

クーラーにしまうか、雪中に埋めましょう。雪中は氷点下になりません。

後は夏と同じ過ごし方

服装だけは冬装備ですが、あとは夏と一緒。

ただキャンパーが居ない・虫が居ないだけ。

あっ、スマホの充電の減りははやいです。

チョットだけ冬キャンプの様子の動画がありました!見れるかな?

この記事を書いたやつはこんな人

2014年7月ファミキャンプを始める
2016年8月ソロキャンデビューが完ソロ
2016年11月雪ないが冬キャンデビュー
2019年ストレスで病みがちになるも外で過ごすことの素晴らしさを再認識しキャンプ15泊
2020年コロナ渦の影響で当ブログ開始キャンプは出遅れるも密を避け18泊
2021年1月氷点下20度キャンプを経験
自分らしくありのままで楽しくキャンプやってます。
気軽に読んでください
詳しいプロフィールはこちら

マンマをフォローしてね☆
お話
シェアしていただけると嬉しいです( *´艸`)ふふふ
マンマをフォローしてね☆
マンマのまんまでいいべさ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました