北海道でキャンプをする途中に出会った素敵な景色

スポンサーリンク
まとめシリーズ

北海道でキャンプをするにあたり長距離移動はつきもの。

旭川市-札幌市2時間半

旭川市-帯広市3時間

旭川市-釧路市5時間など

よく北海道観光をする本州の人が1日のスケジュールで

千歳空港から出発して、

札幌-富良野(ラベンダー)-旭川(動物園)-帯広(豚丼)-札幌で一泊なんて話を以前聞いたことがありますが無謀

いや、そんなことはどうでもよくって、キャンプ場に行く長距離移動は同じ景色が続いて眠気がさしたり疲れるときもありますが、途中で出会う景色は別格でした。

今回は7月中旬に道北地方3連泊をした際に約700km程移動したのでその途中に出会った景色を過去写真も合わせて紹介します。北海道をツーリングする方の参考になればいいな。

お名前.com

まずは移動経路

1日目

妻の仕事終わりからの出発だったので14:00出発で2時間前後の距離のキャンプ場を選択しました。

天気も曇りとあってあまり良い景色と出会えず。

※キツネの飛び出しが何度かありましたので動物の飛び出しには気を付けてください。

二日目

予定している経路から少しそれるが北海道命名の地へ

今年は北海道と命名されて150年

僕は歴史も好きな方なので北海道に関することや松浦の武四郎さんに関することは北海道命名151年になる前の今年中に書いてみたいな。

この3連泊中に天塩町の鏡沼で武四郎さんに会いました

エサヌカ線

音威子府村中島公園キャンプ場から浜頓別を経由し、北海道ツーリングでは大人気のエサヌカ線へ。

途中、中頓別で砂金堀ができるスポットがあったり、浜頓別のクッチャロ湖で素敵な夕陽がみれたり

2018秋、ソロキャン時、いい夕陽だ・・・。翌朝強風だった(笑)
2020あいにくの雨
2018秋、浜頓別でソロキャン時

THE北海道

天気が良ければこんな感じで左右を見れば牧草地で鹿が群れで居たり、牧草ロールがマシュマロに見えたり前方は地平線にむかってただただ続く開放的な一本道。

※途中に直角に曲がる道や、スピード出しすぎ防止のためにわざと作ったのか?わずかに隆起した道がありますのでスピードの出しすぎには注意です。

国道238号線を北上し宗谷岬へ

宗谷岬に向かう途中にホタテで有名な猿払村があり、そこの道の駅でホタテ弁当が買いたかったが残念ながら売り切れだったのでホタテおにぎりを購入した。美味い!

その土地土地で買ったものを食べながらドライブするのもいいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました